2020年はコロナウイルス感染拡大の影響による巣篭もり需要もあり、たくさんの芸能人がYoutubeに参入してた年でした。また、大晦日の格闘技イベント「RIZIN」では、炎上系Youtuberのシバターさんが試合に出場し、見事勝利をおさめたと思ったら、ヒカルさん、てんちむさん、ヘラヘラ三銃士といった人気ユーチューバーまで登場したり。とにかく話題に事欠かず、ユーチューブの存在感はますます増すばかりです。

今や、エンタメトレンドを語るのに YouTube の存在は無視できません。そこで、本記事では、2020年最も人気があった YouTuber トップ3をご紹介します。YouTube を見る人見ない人も、暇つぶしやマーケティングの参考にしてみてください。

第1位『Junya.じゅんや』

2020年のYouTube総再生数国内1位を誇るのがこちらの方。

TikTokのフォロワー数が日本一の『Junya.じゅんや』さんです。彼のユーチューブチャンネルは、2020年1年間での新規登録者数ランキングにおいても、昨年急成長した数ある芸能人のチャンネルを抑え1位となっています。そして、チャンネル開設から4ヵ月で、2020年のチャンネル総再生数1位に…。じゅんやさんの投稿は、10秒ほどの短尺で、部屋の中でひとりで行う何かしらの(下らない)挑戦を見せるというスタイルです。輪ゴムを風船にかけて破裂させて驚いたり、歌いながらバリカンで髪の毛をライブ剃りしたり。運営は英語のみで展開されているため、海外ユーザーの心も掴んでいるのも偉業達成の秘密のようです。

第2位 『東海オンエア』

東海オンエアは、愛知県岡崎市出身のてつや、りょう、しばゆー、としみつ、ゆめまる、虫眼鏡の6人組YouTuberグループ。2020年には、初の冠番組『東海オンエア〜上京フェス2020〜』(日本テレビ)が放送されています。メンバーの個人チャンネルも好調で、着実に登録者数を増やしています。

第3位『Fischer’s-フィッシャーズ-』

こちらも6人組YouTuberの『Fischer’s-フィッシャーズ-』。2020年は、チャンネル総再生数がなんと脅威の100億回を突破。チャンネル登録者数は1年で約60万人増加したそう。2020年12月からは『フィッシャーズ人生展』を全国6ヵ所で開催したり、活動の幅を広げています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *